株式会社 横山加工所

採 用 情 報

「共に感動、感激を!!」

この職場から始まるストーリー
ここには共に感動と感激を共有するステージがある

皆様へのメッセージ

横山加工所は社員とその家族を含め、皆が幸福になる大切な場所と位置付け、「毎日の仕事を通じて、感動と感激を味わう。」そんな職場を目指し、その上で「お互いを信頼し尊敬し勇気と自信を持って仕事に挑戦する。」という理念を基に、日々実践しております。

さあ先輩たちが皆さんを待っています!
これから仲間と一緒に未来を築きましょう。

私たちの仕事を知ってほしい

横山加工所で活躍している先輩たちに、仕事のことやこれからの目標などを語ってもらいました。

本社工場

2012年入社:神田 大晃

食品包材は世の中で必要不可欠なもの。
そしてずっと続く仕事。

横山加工所を志望した理由を教えてください

僕自身が機械を扱うことが好きなのと、食品関係の仕事なので食べ物に包材は必要不可欠だと思うので、無くなる事はないと思いました。
職場見学をした際も、見たことがあるパッケージがたくさんあり感動したのを覚えています。
そして何より、社員の皆さんが優しく笑顔で話しかけてきてくれたので私も皆さんと一緒に仕事がしたいと思い志望しました。

今はどの様な仕事をされていますか?

私は製袋で昨年までトムソン打ち抜き加工を担当しておりましたが、現在は、チャック袋加工を担当し日々勉強しております。
その他にも各機械の立ち上げチェック、メンテナンス等の管理業務も上司より教わりながら進めております。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

コンビニやスーパー等で、自分が加工した製品を見たときは感動しすごく嬉しくやりがいを感じます。

今後どの様なことにチャレンジして行きたいですか?

私は今、製袋課の主任として仕事をさせて頂いております。
スリッター課で3年、製袋課で2年とまだまだ経験も浅いのですが、知識・技術の向上と1人1人と向き合いコミュニケーションをとり信頼関係を築いていくのが目標です。

つくば工場

2005年入社:三浦 香

やりがいと成長を手にすることが出来る職場。

横山加工所を志望した理由を教えてください

当初の理由は自宅から近いという理由でした。
しかし、工場見学に行った際、とてもきれいな室内で空調管理も整っており、ここで働ければ快適に楽しく仕事が出来ると思い志望いたしました。
もう一つは、物づくりや機械オペレーターという事にも興味がありました。

今はどの様な仕事をされていますか?

厚さがミクロン単位のプラスチックフィルムをお客様の要望される規格内容にカットサイズ、巻メーターを調整しロール状の製品に仕上げて出荷しています。
また、現場では1人一台機械に配置されているので、責任感をもって仕事をしています。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

1日のスリット件数が10件を超えた時。
ちょっと厳しい出荷予定を時間内に仕上げた時。

これからの目標を教えてください

自分の仕事を正確に対応しながら周りの状況を把握できるような班長に成長することです。